Google

Yahoo! JAPAN



チャットと図書館についてのサイト

かつてはリアルタイムで参加者が文字入力を通して行うコミュニケーションがチャットと同義であったが、ブロードバンドが普及したことにより、文字だけでなく様々な情報を送れるようになった。そのため、チャットの種類も増えている。今日チャットと呼ばれるものは複数種類ある。違いはコミュニケーションの手段に何を使うかであり、それぞれ文字を用いたものを標準的なチャット、声を用いたものをボイスチャット、映像を用いたものをライブチャットと呼ぶ。絵を描ける機能を持ったお絵かきチャットと呼ばれるものも存在し、これは基本的には文字で交流を行うが、参加者がどんな絵を描いているかリアルタイムに知ることが出来る。この項では、標準的な文字入力を通したチャットについて記述している。

チャットの場合は、常にリアルタイムで進行しているため、数文字〜数十文字程度の文章を書き込んで進行する事が殆どだが、それでもなお文章入力のキー入力が間に合わずに話が進んでしまう事もしばしばである。特に10名を越える参加者が居るチャットでは、発言が間に合わずに他人の発言で返答を返したい相手の発言が画面上から消えてしまう(これをチャット用語で「流れる」という)事も有るため、幾つかの簡略的な表現で、会話を行う事も多い。

実物資料を中心に扱う博物館、非定型的文書資料を中心に扱う公文書館とともに基礎的な蓄積型文化施設であり、出版物を中心に、比較的定型性の高い資料を蓄積するものである。一般に、娯楽を目的とする図書館と学習や調べ物をするための図書館とに分かれる。図書館の利用者層や蔵書形態も様々で、児童図書中心とした図書館や、漫画のみを扱ったまんが図書館、学生に学習室を開放したり社会人に利用者層を絞った図書館、小学校等に付随する学校図書館等がある。

図書、新聞、雑誌を初めとして、CD等のマルチメディアの収集を行う。この時、利用者の立場に沿った収集方針を定め、計画的に収集していく。また、利用されなくなった資料のうち、保存するだけの資料価値が乏しいと判断されたものは定期的に廃棄(除籍という)して、資料の整理を行う。

図書館資料は書籍や雑誌・新聞などの逐次刊行物が中心である。大学図書館などの専門性の高い図書館では、歴史的な文献などをマイクロフィルムに記録し保存している。20世紀後半からは、ビデオテープやDVD・CD等の電子媒体によって提供される視聴覚資料や縮刷版も提供されるようになった。漫画も許容されるようになった。図書館資料は時代と共に拡大されているが、図書館の自由と公共の福祉との折り合いが難しい事例も発生している。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2008-2010 チャットと図書館についてのサイト All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4